Facebook運用の導入後の流れと集客のための注意点

集客を目的としてFacebookページを開設し、店舗に関する基本情報やカバー画像などを設定したら、次は情報を発信して、利用者に対し店舗の魅力をアピールしていくことになります。

しかし、運用当初はいくつか投稿してみたものの、思うような反響が得られないということは十分考えられます。

そうなると、どのような情報を発信すればフォロワーが増え、来店に結びつくのか悩んでしまうこともあるでしょう。

そこで今回は、Facebookページを開設したら、どのような運用をしていくと集客効果が上がるのかについて、運用上の注意点とともにご紹介します。

Facebook運用の流れ


まずはFacebookページ開設後の、運用の基本的な流れを見ていきましょう。

発信する情報の準備

どのような情報を発信していくのかを決め、必要となる画像や動画、文章を準備します。

例えば、毎日その日の日替わりメニューを紹介するのであれば、基本となるテンプレートを作成し、必要事項を記入するだけですぐに発信できるようにしておくと、作業がはかどります。

あるいは、キャンペーンの告知をやりたいという場合は、掲載する画像の準備や投稿する時間帯、頻度も意識して決めていきましょう。

例えば、ランチタイムに合わせて割引をしたりサービス品を提供したりするのであれば、昼休みに検索するユーザーを意識した時間帯に投稿すると、より目を惹きやすくなるでしょう。

既存客へのFacebookページ開設の告知

Facebookページを開設した直後は、Facebookページそのものの認知度が低く、当然ですがフォロワーは全くいません。

まずは、Facebookページの開設を周知させる必要があります。

これは他のSNSを利用した場合もそうですが、来店してくれた人への告知はもちろん、店舗の窓にPOPを貼るなどをして、たくさんの人に知らせましょう。

Facebook広告による営業エリア内ユーザーへ拡散

Facebook広告を利用して、ページの認知度を高めることもできます。

Facebook広告は配信するターゲット層を細かく指定することができるため、例えば近隣エリアにいる人を対象に広告を出すといったことも可能です。

また、範囲を限定することで、少ない予算でも高い集客効果が得られる可能性があります。

ユーザーの反応を見ながら更新する

投稿をした後は、必ず分析を行いましょう。

どのような投稿に対して、どれくらいの反応があったのかなどをしっかりと確認して、次の投稿に活かすようにします。

なんとなく投稿を繰り返しているだけでは、思ったような成果を得ることができませんので、ユーザーの反応に合わせて投稿内容を工夫してください。

新規客を取り込むときに気を付けること


新規客の獲得のために力が入るのは悪いことではありませんが、気が付いたらユーザーのことを考えない独りよがりな投稿になっていることもあります。

新規客を増やすために注意すべきことやコツを紹介していきますので、Facebookの運用中は常に意識するようにしてください。

コミュニケーションをしっかりと取る

投稿に対してコメントが入ったときは、丁寧に対応しましょう。

一般公開されているやり取りですので、適当な対応をしてしまうと、他のユーザーにも影響してしまいます。

なお、新規客を獲得しようという思いが強すぎると、ユーザーから対応がしつこいと思われる可能性もありますので注意してください。

フォロワー限定特典を設ける

フォロワーが多いほど、たくさんの人に情報を届けることができ、そこからさらに拡散される可能が高くなりますので、Facebookの運用においてフォロワー数の増加は重要ポイントといえます。

利用者がフォローしたいと思えるようなサービスの提供、例えばフォロワー限定の特典を設けることで、フォローへの後押しをするとができます。

ファン作りを意識した投稿を心がける

Facebookの運用をしていると、つい既存客とのやり取りが多くなりがちです。

投稿に対する反応があることは嬉しいことであり、それが気心のしれた人や常連客であれば絡みやすいかもしれませんが、そういった常連客とのやり取りが、かえって新規客が入りにくい雰囲気が出来上がってしまうことがあります。

身内話ではなく、新規の人でもアクションを起こしやすい投稿を意識し、リピーター以外のコメントにも丁寧に対応して、新規客の獲得につなげましょう。

炎上リスクを考えた投稿を心がける

SNSの運用をしているときは、炎上について細心の注意を払っておく必要があります。

良い方向で話題になる(バズる)のであれば好都合ですが、投稿内容によってはユーザーを不快な気分にさせてしまい、お店の信用を失うことになりかねません。

投稿に慣れてきたときほど、気を引き締め、投稿前にはもう一度内容を確認するようにしましょう。

まとめ

Facebook運用の基本的な流れは、具体的な計画を立てた上での投稿と、投稿に対するユーザーの反応の分析を行うことです。

反響のある投稿になるように、根気強く分析を行いましょう。

ときにはFacebook広告を利用すると反響が得やすくなり、予算と相談しながら検討してください。

なお、投稿内容は新規客の獲得を意識したものにし、炎上には十分に注意しなければなりません。