Facebookの運用で飲食店集客を成功させるコツ

多くの飲食店や企業で、集客を目的としてFacebookを導入し活用しているところが増えています。

WEBサイトと比べて簡単に導入ができるFacebookですが、導入後はしっかりと運用しなければ、その効果を実感することはできません。

今回は、Facebook導入後の運用について、成功している飲食店の運用例から、集客につなげるためのコツをご紹介します。

Facebookの運用方法で悩んでいる人は、是非参考にしてください。

Facebookの運用で成功している飲食店の取り組み


Facebook導入後、どうも運用する前とあまり来店者数に変化が見られないという場合は、運用方法について見直す必要があります。

中には、いろいろ工夫しながら運用してきたというケースもあるでしょう。

しかし目立った効果が見られないのであれば、一度これまでの運用方法を見直し、さらにFacebook運用の成功例と取らし合わせて、自店の投稿とどのような違いがあるのかを比較してみると、意外なところに運用のコツやポイントを見つけることができます。

では実際に、Facebook運用が成功している事例から、どのようなポイントに意識して運用しているのかを見ていきましょう。

ユーザーが欲しい情報を投稿している

経営者の視点から見ると、店舗の良い点や自慢のポイントを、多くの人に知ってもらうことで集客に結びつけようと考えることは自然なことです。

そのため、投稿内容にも店舗のアピールポイントを事細かに書いたり、熱意を持って説明したりすることも多いでしょう。

しかし、いくら自慢できるものがあっても、ユーザーが知りたい情報、望んでいる情報を適切に発信できなければ、投稿そのものを見てもらうことができません。

多くの人に見てもらえるようにするには、ユーザーのニーズを満たす投稿を心がけてください。

投稿にきれいな写真を入れる

飲食店であれば、看板メニューや新作料理の写真だけでなく、店内の様子などを投稿しているはずです。

しかし、写真の画質が悪い、ちょっとピントがずれているといった理由で、ユーザーに魅力が伝わらないことがあります。

ユーザーが来店したくなるだけでなく、その写真を他の人にも拡散したくなるような写真を意識して投稿するようにしましょう。

動画も集客効果が高い

写真もいいですが、動画の投稿もおすすめです。

写真と違って、動画なら音で店内のリアルな雰囲気を伝えることもできます。

例えば、調理中の音や接客中の様子などの動画は、どのような雰囲気の中で食事が楽しめるのかを知ることができます。

写真よりも応用が利くのが動画ですので、食べてみたいと思わせるような動画の撮影に挑戦してみましょう。

また、店内の雰囲気も動画の方が伝わりやすいのでおすすめです。

こまめに更新する

更新頻度が低いページを見てくれる人はあまりいません。

仮に訪れてくれたとしても、情報が古いと分かった段階で、ページを閉じてしまうでしょう。

ユーザーが欲しいのは最新の情報です。

定期的に更新して、常に最新の状態を維持するようにしましょう。

複数人で運用して更新頻度を保つ

Facebookの運用は、本業がある場合はなかなか更新のために時間を割くというのは難しく、繁忙期によっては負担に感じてしまい、結局更新することを諦めてしまったというケースもあります。

しかし、時間が取れない、忙しいという理由で、せっかく導入したFacebookの運用を止めてしまうのはもったいなさ過ぎます。

そこで、運用を一人に絞るのではなく、スタッフにも協力してもらい、例えば曜日毎に担当者を変えたり、あるいは時間帯によって担当者を変えたりするなど、複数人で運用するというのもおすすめです。

また、予めいくつか投稿を用意しておき、配信予約をしておくこともできます。

なにより一人だけで考えるよりも、アイディアも浮かびやすくなるでしょう。

集客につなげるFacebookページの活用法


成功事例で分かることは、あくまでもFacebook運用の基本と呼べるものです。

さらに効果を出していくためにも、他店のFacebookページとの差別化を図る必要があり、自店のFacebookページだけのオリジナリティを出していくことが重要となります。

では、どのようなことに注意すれば、ユーザーを来店まで導けるのかを紹介していきます。

分かりやすい情報・気になってしまう情報を提供

自分自身が知りたい情報を検索しているときのことを思い出してみましょう。

ネットで調べものをしているときに、難しくてよく分からないことがありませんか。

そのようなページを読んだとき、何度も読み直そうとせず、別のページへ移動してしまうでしょう。

つまり、「情報は分かりやすいこと」が最も重要なのです。

伝えたいことを、読む側の視点に立って分かりやすく表現する、ときには画像や動画を使うことでより正確に伝えることができます。

また、本来、調べようと思っていたことの他に、ちょっと気になるような投稿があって、つい読んでしまったということは誰にでもあるはずです。

目を惹く投稿もキーポイントになります。

画像だけの投稿は控え、必ず文章をつける

SNSは画像だけを投稿して終わらせることも可能ですが、画像だけでなく文章を添えるようにしましょう。

画像に特化しているSNSにはInstagramがありますので、Facebookで同じことはせずに特長を活かしていきましょう。

きれいな画像で目を惹くだけでなく文章を添えることで、より強く興味を持ってもらうことができます。

行動を促すコンテンツを準備する

Facebookページはフォロワーを獲得して終わりではなく、そこからさらに、実店舗まで足を運んでもらうことが目的です。

たくさん「いいね」をもらっても、来店数が伸びなければ意味がありません。

お店に来てもらうためのコンテンツ作りをしてください。

Facebook限定のコンテンツを作ると、定期的にFacebookを見てもらえるようになるので、より効果的です。

まとめ

Facebookはユーザーの年齢層が幅広く、飲食店の集客に向いているSNSです。

しかし、ユーザーのニーズを満たすことができない情報を投稿していても、共感を得られず、思うような反応は得られないでしょう。

そこで、成功例を参考にして投稿内容を検討しましょう。

また、最終的には店に来てもらうことが重要です。来店したくなるような仕掛けを作ることも忘れないようにしましょう。