飲食店のFacebook集客②|成功事例から集客のコツを探る

Facebookを利用して飲食店が集客を行う場合、成功するための秘訣は、ユーザーの共感を得ることです。

投稿した内容に共感してくれればフォローしてくれますし、興味を持ってくれれば来店すれるでしょう。
さらに、もっと多くの人と共感したくて、投稿を拡散してくれるかもしれません。

このように、発信した情報でユーザーの共感を得ることができれば、集客効果は確実に上がっていきます。

そこで今回は、ユーザーの共感を得るために、Facebookにどのような情報を詰め込むべきかについて具体的に解説していきます。

Facebookを飲食店集客に活用する時のコツ


Facebook導入直後は、すぐにでも集客効果を出したいと、キャンペーンやイベントを企画するかもしれませんが、そればかりでは、いずれネタがつきて、発信する情報がなくなってしまいます。

中には、コメントはしてくれるけど、来店に結びつかないケースもありますし、それではFacebookを導入した意味がありません。

そもそも、Facebookにはホームページの代わりにできるほど、様々な機能が備わっています。

ページを見てくれたユーザーに店舗まで足を運んでもらえるよう、投稿する以外のコンテンツも積極的に活用していきましょう。

では、もう少し具体的にFacebookの活用法について見ていきましょう。

来店意欲を高めるコンテンツの提供

Facebookは、意外に暇つぶしで見ているという人も多いと言われています。

休憩時や隙間時間のちょっとした暇つぶしにFacebookを閲覧している状態は、目を惹く情報を見つけない限り注視することはないでしょう。

だからといって、どんな投稿も意味がないのかというとそうではありません。

むしろ、お店の看板メニューや店舗の基本情報などを定期的に繰り返し流すことで、ユーザーに自店の存在をまず認識してもらうのです。

自店に興味を持たせることができれば、次は来店を後押しするためのコンテンツを用意して、実店舗まで足を運んでもらいましょう。

ランチやディナーのメニュー

初めて訪れるお店に、どのような料理があり、価格帯はどのくらいかが分かると、ユーザーは利用しやすくなります。

また、小さな子供を連れての入店は可能かも、子育て世代には大切な情報です。
さらに子供が楽しめるメニューや、キッズスペースの有無も、重要なポイントとなります。

自店のターゲット層の特徴を理解し、どういったメニューやサービスがあると、来店を促せるかを分析した上で、適切な情報を提供するように心がけましょう。

予約ページや公式サイトのURLを記載

店舗前に長く行列が続いているのは、人気店である証拠かもしれませんが、時間があまりない人や、すぐにでも食べたいという人は、行列を見ただけで別のお店に行ってしまいます。

そこで、ネットから簡単に予約ができるようにしておきましょう。

電話が苦手な人もいますし、営業時間外でもネットなら対応ができるというメリットがあります。

フォロワーが反応しやすい画像を投稿

Facebookには料理の写真を投稿するだけでなく、店内のちょっとした出来事も写真に収めて投稿してみるのもよいでしょう。

例えば、営業中に偶然起こった奇跡の一枚や、ちょっとしたハプニングなどをネタにして投稿すると、フォロワーかもリアクションがしやすくなります。

「いいね」や「コメント」をたくさんもらえる投稿が多い方が、フォロワーのタイムラインにも表示されやすくなります。

出来立ての料理の写真

料理の写真を投稿している飲食店はたくさんありますが、美味しさが伝わってくる写真を投稿しているFacebookは多くはありません。

湯気が立ち上っている画像で、出来立ての美味しそうな雰囲気を伝えましょう。

また、サラダなどは野菜の新鮮さをアピールすることなどで魅力がアップします。

店内の様子が分かる写真

店内の様子がわかる写真も、来店したくなる要素のひとつです。

客席から見える見晴らしの良い景色や、自店が高層階にあり夜景が綺麗に見えるのなら、その夜景を紹介するというのも良いでしょう。

また、コロナ禍では、密にならない十分なスペースや、感染症対策をしっかりとしていることもアピールすべきです。

撮影は横向き・スクエアで納める

Facebookで画像を投稿する場合、縦長の写真よりも横向き・スクエアがおすすめです。

PCから閲覧するときはあまり気になりませんが、スマホの場合は画面サイズが小さいので、縦長の画像だけで画面がいっぱいになってしまいます。

少しでも多くの情報がひとつの画面に収まっている方が、他の情報にもアクセスしてもらえる可能性があるので、縦長の画像は控えましょう。

投稿するタイミングも重要

Facebookに投稿をすると、フォロワーのタイムラインに投稿した内容が表示されます。

しかし、他の投稿があると自店の投稿は下の方に表示されてしまいますので、見てもらえる可能性が低くなってしまいます。

そこで、できるだけ多くのユーザーがFacebookを閲覧する時間帯を狙って投稿するなど、投稿のタイミングも検討してください。

アプリ活用による効率化

Facebookをより便利に使うために、アプリを活用してみるのもおすすめです。

Facebookは公式のアプリの他に、外部のアプリも登録して利用することができます。

例えば、店舗アプリはスマホから効率よく集客することを目指して作成されたアプリです。

店舗アプリを利用することによって、ポイントを管理することやクーポンを発券することができるようになります。

Facebook広告の導入

基本的に無料で利用できるFacebookですが、有料の広告を利用することでさらに効率化をはかることができます。

Facebook広告は11種類ある目的から広告の種類を選ぶことができるという特徴があり、ターゲットを絞った広告掲載ができるので、無駄な費用を抑えることも可能です。

フォロワーが少ない初期に、フォロワー獲得のために広告を利用するなど、限定的な使い方をすることを検討してもよいでしょう。

まとめ

Facebookを集客に使っている飲食店が増えているので、ありきたりな投稿をしているだけでは効率のよい集客はできません。

来店したくなるような画像の投稿や、予約機能や店舗アプリの導入など、ユーザーが喜ぶ機能は必須です。

また、Facebook広告を活用することで、目的を達成しやすくなります。

試験的に活用してみることも検討してはいかがでしょうか。