飲食店で効果の出るTwitter運用とは?②SNSで集客するための秘訣

Twitterの特徴を活かす集客を心がけていると、時間とともにフォロワー数が増加し、運用の反応や集客効果を実感できるようになります。

もし、できるだけ短い期間で集客効果を上げたい、あるいはもっと確実な集客を行いたいという場合は、Twitterの運用を見直し、より効率よく効果が出るような施策を打って行くことが必要です。

この記事では、Twitterによる集客の効率化のために行う、Twitter運用のコツをご紹介します。

集客につながるTwitter運用方法


Twitterユーザーが、リツイートして皆と情報をシェアしようと思ってもらえるようにするためには、ツイートする情報がユーザーにとって価値があり、フォローしたいと望まれるアカウントを作ることが重要です。

目に留まるツイートは一行目に仕掛けがある

Twitterユーザーは、「お店のアカウントがあった」と軽い気持ちでフォローしてくれても、タイムライン上に流れてくる情報にあまり意味が無く、あるいはほとんどツイートが流れてこないアカウントであると、フォローを止めてしまいます。

Twitterはたった一度のツイートで注目を集め、一気にバズることもあります。

速いスピードで流れていくタイムライン上で、どのようなツイートがユーザーの目に留まるかというと、1行目に注意を惹く単語や文章があったり、共感が得られる文章が書かれていたりした場合です。

また、直感的な表現の方が目に留まりやすいので、例えば、「大人気の○○を割引価格でご提供します」よりも、「今なら○○が390円(税込)で食べられます!」という方が、目に留まりやすいでしょう。

ちょっと言葉を変えるだけで、ツイートの印象が変わってくるので、文章を考えるときに注意してみましょう。

ある程度のマーケティング戦略を立てる

より効果的にTwitterで集客を行うのであれば、マーケティング戦略を立てましょう。

具体的には、どのようなニーズを持っているユーザーがいるのか把握した上で、ターゲットを絞り込むようにします。

多様化が進む社会においては、全ての人を満足させることは難しいため、ターゲットが定まっていないとマーケティング施策も中途半端になりがちです。

また、競合他社との差別化を図るために、自店の立ち位置を決めてください。

ざっくりとした戦略であっても、ツイートする内容は全く変わるでしょう。

無料で使えるTwitterのサービスを利用する

Twitterは気に入ったツイートを見つけたら、その人を簡単にフォローすることができます。

特に、同じ趣味嗜好を持つ人との繋がりを持つことは楽しいため、どんどんフォローをしていくと、やがてタイムラインにはたくさんツイートが表示されるようになります。

そうなると、自分のツイートが他のツイートに埋もれてしまい、思うような反応を得られない場合があります。

それを回避するために、適度な間隔でツイートをすることが望ましいのですが、本業の傍ら、営業時間中にツイートするのも大変です。

仕事が忙しいときは、Twitterの更新ができないときもあるかもしれません。

そこでTwitterの運用を手助けしてくれるサービスを利用して、効率的に集客を行いましょう。

Twittbot(ツイボット)がおすすめ

Twittbotは事前に登録しておいた情報を、自動でツイートすることができるツールです。

無料版と有料版がありますが、無料でも時間指定つぶやき登録が200件まで可能です。

もし、200件では足りない場合には、プレミアム・バージョン(月額540円)にすることによって2000件まで増やすことができます。

まずは無料版を使ってみて、更新にかかる労力を削減しましょう。

投票機能で皆の声を集める

少し目先を変えたツイートをしたいと考えた時、投票機能を利用してみるのもおすすめです。

簡単な質問と回答を設定するだけで、フォロワーに対してアンケートを実施することができます。

このとき、自店のブランディングやマーケティングで選択に困っているメニューやサービスがあれば、直接フォロワーにアンケートで尋ね、生の声を集めて参考にすることもできるでしょう。

フォロワー数があまり多くなく反応が薄いようであれば、投票ツイート広告を利用しましょう。

フォロワー以外の人もアンケートに参加してもらうことが出来るようになります。

Twitterアナリティクスで分析する

アナリティクスは無料で使える分析ツールです。

集客力を高めるためには、過去のツイートにどれだけの反響があったのかを調べる必要があります。

実践と分析を何度も繰り返すことによって、どのようなツイートが求められているのかを理解できるようになり、効果的な集客ができるようになるのです。

他のSNSを併用する

Twitterは拡散力の高いというメリットがありますが、他のSNSにもそれぞれが持つメリットがあります。

画像中心の情報発信ならInstagramの方が優れていますし、掲載できる情報量ではFacebookの方が上です。

また、利用者数で見ればLINEユーザーが圧倒的に多いなど、Twitterだけではカバーできない部分を、他のSNSで埋めていくようにすると効果的です。

Twitter投稿で気を付けたい4つのポイント


Twitterでの集客をより効率よくするための戦力などが決まったら、実際にツイートをしていくことになります。

Twitterは拡散力が高いツールであるため、炎上する危険性があるなど、投稿する内容にも充分に気を付けなければなりません。

ここでは、ツイートするときに注意すべきポイントを4つ紹介します。

1.ファンを作る

Twitterでの集客が上手くいっているかどうかは、フォロワーの数を見ればある程度はわかります。

フォロワーを別の言い方をすれば、お店のファンであると言いかえることができるでしょう。

あまりに商業的なツイートばかりをしていては、ファンを増やすことはできませんので、注意してください。

2.共感を得る

Twitterの醍醐味は、自分のフォロワーと気になったツイートをシェアできる点にあります。

いわゆる「リツイート」は、自店の認知度を上げるための鍵となるわけですが、たくさんリツイートしてもらうためには、多くの人に共感してもらうということを意識すると良いでしょう。

誰かに紹介したくなる情報は、自分が強く共感したものであるはずです。

たくさんの人に共感してもらえるツイートを心がけましょう。

3.売り上げに直結するつぶやきは少なめにする

意外にも、集客と売り上げはイコールと考えてしまいがちですが、しかし、売り上げを意識したツイートをしてしまうと、共感を得ることは難しいでしょう。

また、自店のメニューを自賛するような内容も好まれまず、あくまでも一呼吸置いたツイートを心がけるようにしましょう。

まとめ

Twitterの拡散力は、飲食店の集客にも大きな力を発揮します。

しかし、全く戦略も立てずにツイートしているだけでは、効率の良い集客はできません。

マーケティング戦略を立てることや、過去のツイート分析は必ず行いましょう。

また、ツイートする内容にも気を配ることも忘れてはいけません。