【飲食店の集客】今すぐ実行に移せて即効性のある集客術と中食産業への参入③

2021年も新型コロナウイルスの影響を受けているため、飲食店のお客さんが大幅に少なくなっています。

また、緊急事態宣言など国や地方自治体による要請があり、営業時間が短くなり、経営が難しくなっているお店もあるでしょう。

しかし、このような苦境に立っている飲食店業界の中でも、Withコロナを心がけて乗り切っている店舗もあります。

第3回は「Withコロナでできる飲食店の集客方法や心構え」について解説します。

Withコロナでできる飲食店の集客方法と心構え

Withコロナ
新型コロナウイルスが流行して以降、従来の経営や集客方法ではお客さんを集めることは難しくなりました。

そこで、Withコロナに併せて集客方法や、心構えを柔軟に変えていく必要があります。

ここでは、Withコロナではどのような心構えや工夫、集客方法が大切になっていくかを解説します。

外食を楽しいものという気持ちを持ってもらう工夫

コロナウイルスの流行以降、より外食を楽しく、食事以上の価値のあるサービスにすることが大切です。

以前は外出や通勤、通学のついでに外食をする層も多かったですが、現在はリモートでの仕事や勉強が増えたため、わざわざ外出をして食事をとる人の割合が増えています。

このため、今まで以上に他の飲食店と比較しながら、食事先を選択されやすくなるのです。

「接客の質をよりよくする」「お子様向けのサービスを充実させる」など、外食のために外出したいなと思わせる工夫をしましょう。

利用しやすいサービスを設定する

現在様々な飲食店が新しいサービスを展開しており、コロナ禍でも利用しやすいと評価を受けているものもあるのです。

例えば、メディアで話題になっているものに、「キャンセルのキャンセルサービス」があります。

緊急事態宣言や会社や学校での外食のルールなど、様々な事情から予約がしにくいと考える人が多いです。

そこで、いつでもキャンセルでき、なおかつ一度キャンセルしても、もう一度予約を復活できるという「キャンセルのキャンセルサービス」が生まれました。

持ち帰りやデリバリーのサービス以外にも、予約に関しても一工夫で集客につながる可能性があります。

既存客の心を離さない工夫

これまで来店してもらっていた既存客の心を離さない工夫をすることも、コロナが落ち着いた後まで見据えたうえで行うことが大切です。

既存客のお客さんが多く、つながりが太いのであれば、後ほど使える割引商品券を発行したり、クラウドファンディングを通じてお店オリジナルのグッズを販売したりすることで売り上げにできます。

また、後日使える商品を販売することで、既存客にしばらく来店まで期間が空いたとしても、再び来店してもらえる可能性も増えます。

人柄を見せること

既存客の心に訴えるためには、商品のよさだけではなく、経営者の人柄などお店の温かさを伝える工夫が必要です。

リモートでのつながりが増えてきた影響で、人と人との距離感が広がってしまっているため、お客さんとしても距離感を縮めるサービスを求めています。

そこで、よりお店が身近に感じるような人柄や、予約やお店の頑張っているポイントを伝えるようにしてください。

お客さんと仲良くなること

お客さんとの距離感を近づけるために、常連のお客さんと仲良くなることも心をつかむために重要です。

バーや居酒屋など会話をよく行うお店でなくても、何度か見かけるお客さんの顔を覚えて話しかけることで、好印象を残してもらいやすくなります。

会話の内容も「いつもありがとうございます」「こちら新商品ですがいかがですか?」「次回使えるクーポンなのでよかったらどうぞ」など、短くても問題がありません。

重く考えずに、こちらから積極的に声をかけてみてください。

中食産業に参入するときのポイント

ポイント
自宅で食べる用の商品を提供する中食産業に、外食産業の会社が数多く参入しています。

外食産業の客入りが戻るまで、中食の分野に進出して経営を補う方法は得策ですが、うかつに手をだしてしまうと、お客さんが来ずに失敗してしまう可能性もあります。

そこで、中食産業に参入するときのポイントを確認していきましょう。

経費に気を付けること

飲食店を経営している場合、中食を展開するときに経費が必要ないと考えられていますが、実は意外なところに経費が必要になります。

具体的には、テイクアウト用の容器や、箸などの専用の道具費用があります。

また、デリバリーまで行う場合は、自転車やバイクなどの車両代や注文のシステム費用も必要です。

テイクアウトの客単価は低めであること

テイクアウトの商品は外食価格よりも低めであるため、販売数が増えても売り上げが伸びにくいです。

現在テイクアウトを行っている店舗の相場を見ると、ワンコイン前後での価格設定が中心となっています。

したがって、販売数を増やして売り上げを伸ばすか、テイクアウトを通じて集客につなげるかを考えて展開してください。

衛生管理や法に気を付けること

テイクアウトは料理が完成してから、ある程度時間経過して食べる都合上、食中毒の危険性が高まります。

仮に食中毒を起こしてしまった場合は、しばらく営業ができなくなるだけではなく、お店の信用自体をなくしてしまう危険性もあります

店舗で調理している以上に、加熱処理や衛生管理に気を付けて販売するようにしてください。

また、飲食店の営業許可内容によっては、テイクアウトできない商品もあるので、販売前に地域の保健所へ確認することをおすすめします。

中食産業の集客メリットを把握することも大切

中食産業を始めることで、本業の外食部分の集客につなげることができます。

この昼食産業を始めたときの集客メリットを理解することで、効果的な集客を行えるので確認しておきましょう。

人件費がかからない

中食産業の中でもテイクアウトであれば、人件費が必要ないため、必要経費を最小限にして集客につなげられます

おもちかえり.comなどのテイクアウト支援サービスを利用することで、自力でテイクアウトのシステムを作らずに済みます。

また、テイクアウト支援サービスの知名度を利用して、外食を利用しない層への集客につなげることも可能です。

デリバリーで知名度を上げられる

出前館やUber Eatsなどのデリバリーサービスに登録することで、知名度を上げることができます。

また、これらのデリバリーサービスはリピート率が高くなる傾向があるので、長期的に見ても有効な集客と言えます。

ただし、店舗で食べる商品よりもクオリティが低いとして、お店の信用が下がってしまうケースもあるため、変わらないクオリティを維持することも心がけてください。

まとめ

コロナウイルス流行後でも、サービスや接客を工夫することで乗り越えているお店が数多くあります。

従来のサービス以外にも、自分のお店で行える新しいものを導入したり、お客さんに寄り添った接客を行ったりするように心がけてください。

また、テイクアウトやデリバリーなどの中食産業に参入することで、集客につながるため積極的に試してみてください。

導入するときには、Uber Eatsなどのサービスを利用することをおすすめしますが、くれぐれもクオリティを下げないようにする注意が必要です。