【飲食店の集客】今すぐ実行に移せて即効性のある集客術と中食産業への参入②

即効性のある集客方法として、テレビ等即効性のメディアを活用する方法が思い浮かびますが、予算などの問題から手を出しにくいものです。

しかし、即効性のある集客方法には、メディアを利用するもの以外にも多くの手段があるので、自分のお店に併せたものを選択できます。

逆に言うと自分のお店にあった集客方法を選択できなければ、満足のいく効果が発揮できない可能性もあるため、様々な集客方法を把握することが大切になります。

第2回は「すぐ実行に移せる即効性のある集客方法の種類」を解説していきます。

すぐに実行できる即効性のある集客方法

即効性のある集客術
即効性のある集客方法としては、オンラインを活用する集客方法があげられます。

SNSやホームページの作成はその日の内に行えるため、スピード感を持って実行したい人はオンラインでの集客を検討してください。

それでは、具体的にどのような方法があるのか確認していきましょう。

SNSで発信する

即効性のある集客方法としては、SNSを活用するという方法があります。

飲食店経営で活用できるSNSとしては、以下のようなツールがあげられます。

SNS名概要
Facebookお店の紹介やメニュー内容を詳細に記載できる
年齢層は高めで40代以上がターゲットとなりやすい
Twitter20代前後の利用者が多い
更新頻度が高いと集客効果があがりやすい
Instagram女性の利用者が多い
写真投稿が基本のため、商品や内装に凝っているお店におすすめ
LINE@クーポンや最新情報を届けやすい
利用者が多いため幅広いターゲット層へアプローチできる
Google マイビジネス登録することでGoogle検索やGoogleマップに情報が載る
アカウントを保有している人が多いので口コミが集まりやすい
メルマガ独自のサービスやクーポン配信が可能
メールの利用者が減っているので、ターゲットの年齢層は高め

それぞれのSNSで利用できるサービスや対象となるターゲット層が変わってくるので、特徴をよく理解して自分の店舗にあうものを選択してください。

キャンペーンを告知する

SNSの特徴であるリアルタイムの情報発信能力を活かして、キャンペーンの告知を早めに行うことが大事です。

キャンペーンを伝えるときには、事前告知が重要であるため、キャンペーンの開催が決定した段階で情報を随時更新をしてください。

また、SNSやホームページで細かい情報を載せたり、具体的な内容を記載したポスターなどを写真撮影したりして、しっかりと宣伝するとキャンペーンの集客効果があがります。

SNS映えする写真を撮る

SNSの投稿を行うときには、SNS映えを意識した写真を積極的に投稿することが大切です。

Instagramでは、写真投稿が必須で目を引く写真であるほど、集客効果が増加をしていきますが、実は他のSNSでも写真付きの投稿をすると注目度が高くなります

写真付きの投稿は、いいねなどのアクションを受けやすく、拡散される可能性も高まるので、新商品やキャンペーン、店内レイアウトの変更など、写真を掲載できそうな場合は積極的に行ってください。

また、部屋を明るくしたり、写真をフィルター加工したりするなど、写真の印象をよくすることも大切なので、様々な工夫を行ってくださいね。

メディアに出る

即効性のある集客術として、メディアの活用をするという方法も非常に効果的です。

テレビやラジオ、CMなど代表的なメディアでの集客方法は、広告が行われた翌日からすぐに効果が出てきやすいです。

ただし、CMのための取材から実際にメディアに出るまでのタイムラグが発生するため、計画から効果が出るまで時間がかかる可能性があります。

また、映像系以外にも雑誌やオンラインのメディア集客も、CMとは異なったターゲットへの宣伝も行えます。

予算やターゲットとする層に併せて、どのメディアを活用するか検討してください。

プレスリリース配信

費用がかなり高額になりますが、専門の会社に依頼をしてプレスリリース配信を行うと集客効果が高いです。

1回の配信で最低でも55,000円(税込み)になります。

オープン時のオープンレセプションと併せて活用することで、オープン時の集客を倍増させることも可能なため、開店前の資金がある場合は積極的に活用したいところです。

ただし、プレスリリース時にも写真や映像、記事内容などを工夫しなければ、効果が現れにくいため、広告を出す前に内容をよく練る必要があります。

また、飲食店の場合は、専門のプレスリリース会社があるので、それらの会社に相談や依頼がおすすめです。

タウン誌に掲載する

店舗の地域によっては、フリーペーパーと言った、タウン誌に広告を出すことで集客効果が高まります。

グルメ雑誌に広告を出すことのメリットとしては、ターゲットとなる人に対して直接広告を目にしてもらえる点です。

グルメ系のタウン誌を閲覧している人は、新しい飲食店を探している人が多いため、閲覧者に対してレスポンスの割合が高いです。

ただし、他店と比較されやすいので、近隣に競合店がある場合は、差別化できる記事内容にしましょう。

また、タウン誌に掲載するのも意外と高く、小さなスペースで1回88,000円(税込み)はかかります。

1ページ丸々利用すると、188,000円(税込み)以上は必要になり、広告の制作もお願いすると165,000~33,000円(税込み)が別途必要になります。

なお、金額はタウン誌により異なるため、掲載を検討しているタウン誌のホームページで事前に料金の確認をしてください。

WEB動画配信をする

WEB動画を作成して配信するという宣伝方法もあります。

専門の会社に依頼したり、YouTubeなどの動画サイトの広告を出したりすることで、ネットを利用している人に対して広告が可能です。

また、動画サイトのアカウントを作成して、投稿をすることで広告費用を使わずにWEB動画の配信もできます。

ただし、集客効果を高めるためには、クオリティの高い動画を作成して、見られやすいサイトに動画を載せることが大切です。

グルメサイトに登録する

グルメサイトに情報を登録することも、即効性のある集客方法の一つです。

ぐるなびや食べログなどのグルメサイトは利用者が多いため、ページの内容によっては高い集客効果が見込めます。

しかし、グルメサイトの利用者の多くは、知名度の高いお店の検索のために活用する傾向があり、知名度が低い場合はすぐに効果が現れない可能性があります。

SNSと同じように、看板メニューや見栄えのよい商品画像を載せて、集客効果を高める工夫をすることで即座に集客につなげられます。

オフラインの集客方法

オフラインでの集客
オンラインやSNSの集客を紹介しましたが、オフラインでの集客方法もすぐに効果が出る可能性が高いです。

通行人や周辺住民に対して集客が行うことができ、ターゲットの層によってはオンラインよりも効果が高いこともあります。

具体的にどのような方法があるか確認していきましょう。

チラシやポスティング

チラシやポスティングを入れることで、周辺住民の人への認知度を高めることができます。

特に開店時は認知度が低いため、チラシなどで認知度を高めることで、集客効果を大幅にあげられます。

ただし、チラシやポスティングは集客効果があまり高くないため、コストパフォーマンスが悪い可能性も高い点には気を付けてください。

なお、チラシは100人見てひとりが手にしてくれれば成功と考えて、過度の期待はしないことが大事です。

看板やのぼりの設置

看板やのぼりを店舗の前や交通量の多い場所に設置することも、アナログですが非常に効果的です。

特にビルの高層階や交通量の少ない立地の場合は、看板を立てなければ店舗を認知してもらいにくいです。

看板やのぼりの準備が難しい場合は、サインボードなどの小型の看板を設置するだけでも、効果が出るため検討してみてください。

まとめ

即効性のある集客方法として、SNSやメディアを活用するものがありますが、それぞれ効果的なターゲット層が異なります。

また、費用も大幅に異なってくるため、予算の金額や店舗のコンセプトを確認してから、どの集客を行うか検討してみましょう。