飲食店のぐるなび集客の失敗事例|ぐるなび活用の失敗事例と改善策を紹介

ぐるなびは、スマホで簡単に飲食店を検索することができるので、飲食店の集客ツールとしても利用価値が高いグルメサイトです。

ぐるなびに登録するだけで、今までよりも多くの人にお店の存在を認知させることができますが、なかなか集客に結びつかないケースもあります。

この記事では、ぐるなびに登録しても集客できない失敗事例と対処法について解説していきますので、ぜひ参考にして下さい。

飲食店がぐるなびを利用するメリット


飲食店がネットを使って集客する方法はたくさんありますが、たくさんの手段の中から、ぐるなびを使って集客することのメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

まずは、飲食店がぐるなびを集客に活用するメリットについて紹介していきます。

無料でも店舗のページが作れる

ぐるなびは基本無料で利用することができるので、広告費のために予算を割く余裕がない状況でも集客活動を行うことができます。

また、グルメサイトがどのようなものかイメージできないと言う場合にも、無料で登録できることで気軽に試すことができることも魅力のひとつです。

店舗情報を詳しく掲載できる

国内には、食べログやホットペッパーグルメなどのグルメサイトがありますが、その中でもぐるなびは登録できる情報が多いという特徴があります。

ページの作成には手間がかかりますが、ユーザー目線からすると情報量が多いことはメリットです。

ホームページにも匹敵するような情報量のページを作成できるので、お店のホームページがない場合にもおすすめです。

Instagramと連携している

SNSの中でも画像投稿がメインのInstagramは、料理の写真を使った集客ができるという点が飲食店向きのSNSと言えるでしょう。

実はInstagramにはぐるなびのレストラン予約機能の設置が可能なため、Instagramからの流入も期待できます。

予約が多いほど経営は安定しやすいので、Instagramと連携できるようになったというメリットはとても大きいと言えます。

ユーザーは楽天ポイントを貯められる

ぐるなびで予約をすると、利用者は楽天ポイントを貯めることができます。

楽天を利用しているユーザーはとても多いので、楽天ポイントが貯められることは、消費者にとってメリットが大きいと言えるでしょう。

「ポイ活」という言葉もあるように、ポイント目的のユーザーをターゲットにすることもできます。

多言語ページを作れる

ぐるなびは、簡単に多言語対応ページを作ることができます。

外国人利用者向けのWebサイトを作っている飲食店は少ないため、多言語に対応したページがあるだけでもインバウンド需要を満たすことができるでしょう。

ミシュランガイド・デジタルと連携している

ミシュランガイドと言えば、名店を紹介するガイドブックです。

高い知名度があるミシュランガイドですが、WEB版の「ミシュランガイド公式」はぐるなびのページとネット予約で連携しているため、利用者への信頼感を上げることができるというメリットがあります。

飲食店のぐるなび集客での失敗事例


ぐるなびには飲食店の集客におけるメリットがたくさん存在します。

しかし、運用の仕方によっては、うまく集客できずに失敗してしまうこともあります。

ぐるなび活用の失敗事例と対処法について確認していきましょう。

オリジナリティがない

ぐるなびにはとてもたくさんのお店が登録しているため、ユーザーは、複数の店舗を比較しながらどのお店に行くかを決めることになります。

そのため、特に目を引く魅力的なメニューがなければ、来店してくれる可能性は格段に下がってしまうでしょう。

店舗のページに掲載する内容はオリジナリティを意識し、自店だけで味わえるメニューやサービスなどを分かりやすくアピールすることが大切です。

ターゲットをしぼっていない

たくさんの顧客を獲得しようと考えて幅広い層をターゲットにしてしまう人もいますが、ターゲットを絞り込んでいない場合、誰に向かってアピールをしているのか、全く分からないページが出来上がってしまいます。

客層をしっかり絞り込むことで、どのメニューをアピールすべきかといったページ作りの方向性も決まりやすくなるでしょう。

ネット予約数が十分に確保できていない

行ってみたいと思ったお店にはまずネットで予約をするユーザーが多いです。

しかし、行きたい日と時間に予約が取れない場合、日にちを改めるのではなく、他のお店に変更してしまうユーザーも多いです。

週末などの混雑しやすい時間帯でも、ネットからの予約が取れるように十分な座席数を設定しておきましょう。

店舗のページの情報が少ない

ぐるなびに登録したものの、基本的な情報だけ入力してそのまま放置しているお店も少なくありません。

しかし、情報が少ないお店は自店の魅力が伝わりづらく、集客につながらない可能性が高いです。

そのため、ユーザーが来店前に知っておきたいと思われる情報は全て細かく記載するようにしてください。

ただし、ぐるなびは無料プランのままでは掲載できる情報に限りがあります。

たくさんの写真と情報でアピールしたいのであれば、有料プランを利用することも検討しましょう。

まとめ

ぐるなびには、Instagramとの連携や楽天ポイントが貯められるなど、ユーザーに嬉しい機能が備わっていることから、高い集客力があることがわかります。

ただし、オリジナリティのないページや、掲載されている情報が少ないページになってしまうと、なかなか来店に結び付けることができません。

手間を惜しまずに良いページの作成をこころがけましょう。