【飲食店の集客術】お客を呼び込むために必要な市場調査を解説①

飲食店を経営していくためには、常に集客の方法を考えていかなければなりませんが、集客のためには市場調査を行うことが重要です。

飲食店を経営するとき、特に開店前に市場調査を行っていることで、効果的な集客術を見つけやすくなります。

そこで、お客様を呼び込むために必要な市場調査や集客術について解説します。

第一回の今回は飲食店を経営している人の悩みから、市場調査の必要性を確認していきましょう。

飲食店が抱える集客での悩みとは?

集客での悩み
飲食店経営が抱える集客の悩みは、一つではなくいくつかの原因があることが多いです。

飲食店の経営者の中には、なかなか集客につながらずに苦戦している人がいますが、集客につながらない理由によっては対策が立てられるケースもあります。

特にこれまで市場調査をしていなかった場合、調査結果をもとに集客を行うことで、集客が失敗するリスクを軽減できます。

ここでは、集客がうまくいかない悩みの原因として、代表的な5つを見ていきましょう。

店舗前の人通りが少ない

お店の立地によっては、人通りの多い通りから外れていて、なかなかお客様の目に留まらないと悩みを抱えているかもしれません。

たしかに、店舗前の人通りが少ないと、新規のお客様の集客が難しい側面があります。

しかし、人通りの多い一等地にお店を出店できる店舗は限られており、多くのお店は人通りが少ないという悩みを解決しながら経営しています。

経営が軌道に乗ってきて、移転の資金が貯まった段階で、一等地へ店舗を移すのはありですが、まずは他の原因を解決したり、集客方法の見直をしたりすることから始めてみましょう。

周辺にターゲットとなる客層が少ない

販売している商品によっては、店舗のターゲットとする客層が店舗周辺にあまりいないかもしれません。

店舗のコンセプトや展開の仕方により、需要のある客層は異なってきます。

例えば、サムゲタンなどの健康的な韓国料理を販売する場合、40代以上の女性に人気があります。

このようなお店を出すときには、いくら人通りが多いとしても、大学周辺の学生の通行人が多い地域に出店してもなかなか集客につながりません。

出店場所の市場調査を行うときには、性別や年齢などの詳細な情報も調べておくことが大切です。

視認性が悪い

駅から離れていたり、店舗がビルの高層階や地下にあったりして、視認性が悪く集客できないと悩みを抱えているお店もあります。

いくら通行量が多かったとしても、目立ちにくい場所にあると、新規のお客様は入りにくいです。

お店の視認性の悪さに悩みを抱えている店舗では、看板やのぼりを工夫して集客につなげています。

例えば、駅前や人通りの多い道に看板を設置したり、ビルの前にのぼりやポップを設置させてもらったりすることで、お店の認知度が上がります。

また、お店の視認性が悪い店舗の場合、インターネットでの集客と相性が良いケースもあるので、積極的に検討してみてください。

競合店が多い

立地の良さを考えてお店を決めた場合、周辺に競合店が多く、お客様が他の店舗に逃げてしまうケースもあります。

競合店も市場調査をしっかりとしてから立地を決めるので、同じコンセプトのお店が集まりやすいです。

同じジャンルのお店が集まることで、市場が活発になり、地域の通行量やターゲット層の客数が増加につながりますが、競争に勝たなければ自店の集客にはつながりません。

競合店との競争に勝つためには、他の店舗にはない強みを前面に出して宣伝をすることが効果的です。

ただし、低価格を売りにしてしまうと、チェーン店に価格競争で負けてしまいやすいので、他の強みを探してみましょう。

家賃が高い

人通りの良さなど集客面の良さを追求すると、家賃が高くなってしまい、経営で大きな負担となりやすいです。

これまで紹介してきた通り、人通りが多かったとしても、視認性が悪かったり、通行人がターゲット層と異なったりすると、立地が良くても集客につながらないケースがあります。

開店前の物件選びをする段階であれば、自分のお店にとって家賃に見合っているかの確認が非常に重要です。

自分のお店にとって、物件の価値があっているかを確認するためには、市場調査を行って周辺の状況を知ることも大切です。

まとめ

お店の立地や視認性の悪さなど、集客の悩みにはいくつか原因があります。

どの原因だったとしても、ある程度は集客の方法を工夫することで対策ができるため、まずは自分の店舗の課題や問題点を明確にしましょう。

また、開店前の段階であれば市場調査をしっかりと行うことで、今回紹介した悩みを事前に回避したり、軽減できたりします。

次回は市場調査を行うときのポイントを解説するので、是非続けて確認してみてください。