【飲食店ウェブ集客】キャンペーンの開催事例と注意点

キャンペーンを開催することで、消費者に普段とは違った来店動機を与えることができるため、新規客の獲得などの効果が期待できます。

しかし、どのようなキャンペーンにするべきかなど、内容に関する悩みは尽きません。

この記事では、飲食店が開催するキャンペーンの事例を紹介しながら、注意点にも触れていきます。

キャンペーンを利用した集客具体例


実際に飲食店では、どのようなキャンペーンが開催されているのでしょうか。

具体例を挙げながら紹介していきますので、自社でキャンペーンを開催するときの参考にしてください。

SNSでキャンペーンに参加する

SNS上では定期的に様々なキャンペーンが行われています。

母の日キャンペーンなど飲食店も参加できそうなキャンペーンも数多く存在しているので、積極的に参加することによって認知度を高めることができるでしょう。

イベントを開催する

お店主催のイベントの開催も、よく行われているキャンペーンのひとつです。

店内の広さを活かして生バンドのライブを開催したり、新作メニューの試食会をしたりするなど、イベント内容は多種多様です。

どのようなイベントがあるのか、簡単にまとめましたので参考にしてください。

コラボ企画

同業他社とのコラボ企画も消費者の目を引くイベントです。

大手飲食店の例では、GOGOカレーとのコラボ企画を開催しているのを見たことがある人も多いでしょう。

また複数の飲食店が集まって、テーマを決めて料理対決を行うなどもおすすめです。

コラボの仕方にも決まりがあるわけではありませんので、アイデア次第で多様なコラボ企画を開催できるでしょう。

体験型イベント

有名な体験型イベントとしては、そば打ち体験や釣り体験などがあります。

その日に食べる食材を自分の手で用意するので、普段の食事よりも美味しく感じるなどの理由から喜ばれることが多いようです。

また、子供を対象にしたイベントは人気が高く需要もあるので、家族向けのイベントとしても有効だと言えるでしょう。

季節に合わせたイベント

クリスマスやバレンタインなどの季節に合わせたイベントはもちろん、旬を迎える食材を使った料理大会や、季節をイメージさせる創作料理の試食会など、期間限定のイベントも人気があります。

地元の食材が全国的に有名な場合は、観光客などを巻き込んだイベントを開催することも可能です。

SNSなどを使えば、全国に向けてイベント情報を発信することができるので、より多くの人を集めることができるでしょう。

クラウドファンディングを利用する

新しい試みをするときに、クラウドファンディングを利用するとメディアに取り上げられることがあるなど、大きな話題になることがあります。

大きなイベント開催費用を募集したり、新作メニュー開発のために最新の調理器具の購入したりなどに利用してもよいでしょう。

顧客プレゼントキャンペーン

来店記念として、また特別メニューの注文を条件にするなど、一定の条件を満たしたときにプレゼントを配布するといったキャンペーンもおすすめです。

簡単なものではマスクや除菌シートなど、また抽選にすることで高額のプレゼントを用意することもできるでしょう。

キャンペーン集客を行うときの注意点


飲食店が行えるキャンペーンは、アイデア次第で様々なものを実施することができます。

しかし、思いつきだけで開催したキャンペーンでは、十分な集客効果を発揮できないばかりか、予定外のトラブルに見舞われて失敗してしまう可能性もありますので、これから紹介するポイントを押さえた上で企画を立てるようにしましょう。

リサーチやプランニングを入念に

キャンペーン内容は原則として、ユーザーのニーズを満たしていなければなりません。

十分にリサーチをしていない状態で、キャンペーンを決定してしまうと全く反応を得られることなく終わってしまう可能性もあるでしょう。

また、雑なプランニングでイベントを開催すると、準備不足によって参加者を満足させられない可能性もありますので、細かい部分までしっかりと決めておきましょう。

イベント実施のための準備は時間がかかる

イベントの開催時期は余裕を持って決めましょう。

例えば、イベント用のメニューを考えるのには、かなりの時間が必要です。

もし、メニューが間に合わなかったとしたらイベント自体が成り立ちません。

また告知のためのチラシを制作したり、SNSで発信したりと、キャンペーン告知の準備を整えるための時間をしっかり確保してください。

準備期間がないまま進めてしまっては、キャンペーンを成功させることはまず難しいでしょう。

まとめ

飲食店がキャンペーンを行うことによって、新規客の獲得など様々な効果を期待できます。

しかし、キャンペーン内容によって、得られる効果は変わってきますので、目的を明確にしてキャンペーンを決めましょう。

なお、リサーチとプランニングが不十分なキャンペーンは失敗する確率が高くなります。

また、準備期間を長めに確保しておかなければ、中途半端なキャンペーンなってしまう可能性があることにも注意しておきましょう。