【飲食店ウェブ集客】集客のトレンドはどこにあるのか

飲食店の集客と言えば、チラシやグルメ雑誌への広告掲載、看板の設置などが定番でしたが、なかなか効果が得られず、思うような集客ができないと感じている人もいるのではないでしょうか。

スマートフォンの普及や生活スタイルの変化から、消費者ニーズが多様化しているため、時代にあった集客を行う必要があります。

今回は、現代における集客のトレンドについて解説していきますので、参考にしてください。

飲食店集客のトレンドの変化


新型コロナウィルス感染症の感染拡大により、これまでの生活スタイルが一変し、新たな生活様式が広まっています。

外出自粛やテレワークによる就業や密を避けた行動など、日常生活が大きく変わってしまった人も多いでしょう。

そのためこれまでと同じ方法では、思ったように集客ができないと感じる飲食店も確実に増えています。

しかし、そのような状況においても、集客できている飲食店も存在していることを考えると、これまでの集客方法を見直し、時代にあった方法を取り入れていく必要があるでしょう。

そこでまずは、現在の集客トレンドがどう変わったのかについて見ていきます。

アナログからネット広告へ

多くの人がスマホを持つようになり、インターネットがより身近な物になったことで、新たな広告を配信する場として、ネット広告を利用する企業が急激に増加しています。

万能ツールとも言えるスマートフォンがあれば、新聞やマンガ、雑誌、さらにテレビ番組すら楽しむことができます。

近所のスーパーの広告もネット配信されるようになり、SNSでのコミュニケーションも欠かせません。

そのため、紙媒体の広告に目を通す人は、確実に減っています。

もちろん、アナログ広告には全く効果がないとは言えませんが、トレンドはネット広告へと移行しつつあるのは間違いないと言えるでしょう。

クオリティマーケティングが主流に

広告に使うことができる費用にも限りがありますので、少ない費用で最大限の効果を発揮させようと考えるのは普通のことです。

そこで、SEOやMEOといった、広告費以外の要素で消費者にアピールできる方法を導入して集客するのが主流となっています。

例えば、ユーザーが知りたい情報をしっかりと発信しているWEBサイトの作成などは有効です。

SNSで不定多数のユーザーへのアプローチが可能に

SNSは無料で投稿できるだけでなく、高い拡散力と即時性によって、不特定多数のユーザーに情報を伝えたり、コミュニケーションを取ったりすることができるツールです。

スマートフォンを持っている人の多くがSNSを利用していることを考えれば、飲食店もSNSに公式アカウントを作成し、情報を発信していくことが集客へと結びついていきます。

フォロワー数が少ない内は、思ったような集客効果を実感できないかもしれませんが、定期的な更新とユーザー目線の投稿を続けていくことで確実にフォロワーを増やしていきましょう。

費用を意識することなく、好きなタイミングでユーザーに情報を伝えることができるようになります。

最適な集客方法を見つけるポイント


ネット広告には様々な種類がありますし、SNSの活用、またアナログ広告もまだまだ有効なケースがあることを考えれば、飲食店の集客方法は非常に選択肢が広いことが分かります。

複数ある候補の中から最適な方法を選ぶことで、費用対効果の高い集客を行うことができます。

そこで、どの集客ツールを利用するかを決める時のポイントをご紹介します。

消費者ニーズを正しく理解する

効果的な広告を出すためには、消費者ニーズを正しく知る必要があります。

正しいニーズが分からなければ、ユーザーが反応する広告を作ることはできません。

しかし、これまでに作り上げてきたお店のブランディングとニーズの両方を満たすことができない場合は、既存客を失う可能性にも繋がるので、十分に注意が必要です。

集客ツールの特徴を活かす戦略を組み立てる

集客ツールごとに、特徴や強みがあります。

自店のターゲット層を明確することで、どの集客ツールが最適かを知るためにも、それぞれの集客ツールの特徴を理解することが重要です。

SNSを例に挙げると、Facebookは年齢層が比較的に高く、Instagramは若者や女性がメインユーザーです。

落ち着いた雰囲気で高級感のある飲食店であれば、InstagramよりもFacebookの方がユーザーに興味を持ってもらえるでしょう。

このように、集客ツール選びも重要な要素になります。

複数のツールを組み合わせ利用するのもあり

集客ツールによってメインユーザー層に違いがあるということは、ひとつのツールだけではターゲット層を網羅できない可能性があります。

そこで複数のツールを組み合わせることによって、ターゲット層全体に情報を伝えられるようにすることも検討すべきでしょう。

まとめ

飲食店の集客トレンドはダイレクトメールやチラシといったアナログ広告から、ネット広告へと移行しつつあります。

スマホユーザーが増えていることから、雑誌などを読む時間よりも、ネットに接続している時間の方が長い傾向があるからです。

ネットでの集客には様々なツールがあるので、集客目的やお店のターゲットに合わせて、最適なツールを選択するようにしましょう。