【飲食店ウェブ集客】集客に活かすトレンド戦略の立て方

どれだけ自慢の美味しい料理を提供できる自信があったしても、消費者に受け入れられなければ喜んでもらうことはできません。

情報化社会においては、ユーザーが求めているものを分かりやすくして、その時の流れに合わせた戦略が必要になります。

そこでこの記事では、集客に活かすためのトレンド戦略を立て方についてご紹介します。

トレンド押さえ方と情報の集め方


トレンド戦略の重要性を実感している飲食店の経営者は多いでしょう。

しかし、実際にトレンドを知るために何をすべきか、自信を持って答えられる人は少ないと思います。

今後の集客に活かせるように、まずは情報の集め方について見ていきましょう。

コロナ禍で急上昇したトレンド

まずは、最近のトレンドを確認しておきましょう。

コロナ禍で注目されたトレンドには、テイクアウト、デリバリー、オンラインショップ、キッチンカー、SDGs(エスディージーズ)、サブスクなどがあります。

長時間にわたって同じ場所にることや、密集することを避けること、そして、ずっと家にこもっているストレスを軽減するできることがトレンドとなっています。

トレンド情報の集め方

では、新型コロナウィルス感染症が落ち着いた後、トレンドの流れが変わる可能性はあります。

新たなトレンドの波に乗るためには、どのようなトレンドが訪れるのか、いち早く情報をキャッチすることが重要です。

それでは、新たなトレンドに関する情報の集め方について具体的に見ていきましょう。

業界仲間から情報を得る

同じ飲食店に勤務している仲間だけでなく、仕入れ業者などの業界関係者からの情報には、常に耳を傾けておきましょう。

違うジャンルの料理を提供している場合や、ターゲットが異なっている場合は、自分よりも先にトレンドに気づくこともあります。

また、仕入れ業者から、急に特定の商品の出荷量が増えたなど、トレンドを把握するために必要な情報を聞ける可能性も十分にあります。

関係者とのコミュニケーションを最低限にしていると、情報が手に入りにくくなりますので、交友関係を広げておくことも重要です。

SNSやテレビから情報を仕入れる

SNSで急上昇しているキーワードや、テレビで特集を組んだものからトレンドを把握することができます。

以前はテレビが流行を作っているようなイメージがありましたが、最近では、テレビよりもSNSを利用している人が多く、またSNSの特性上情報伝達に優れていることから、特に若者のトレンドはSNSの方が把握しやすいといえます。

もちろん、年齢層によってはテレビの情報に影響が大きい場合もありますので、自店のターゲット層を分析し、テレビやSNSのどちらをメインにトレンドを把握するかを決めるとよいでしょう。

ニュースから仕入れる

ニュース番組でも、現在の話題について特集を組むなど、トレンド情報を紹介していることがあります。

また、過去と比較して、大きな変化があったものなどを取り上げて、専門家の意見を紹介している番組もありますので、トレンドを把握するきっかけとすることもできます。

市場トレンドを分析する

情報を収集するだけでなく、実際に市場トレンドを分析してみることも重要です。

例えば、コロナ禍では外食産業では、どのような変化が起きたのかを分析してみましょう。普段は外食を控えている分、ハレの日には外食する傾向が強くなっています。

また、誕生日などのイベントではデリバリーを利用する人が増えており、一回の注文に使う金額も多くなっているようです。

高級レストランのオードブルを注文するなど、贅沢さを味わうポイントが以前とは異なっていることが分かります。

トレンドを意識した飲食店の戦略の立て方


トレンドが分かっただけでは、集客に活用できていることにはなりません。

市場のトレンドをしっかりと取り入れた戦略を立ててこそ、効果的に集客ができるようになります。

それでは、実際にどのようにして戦略を立てていくのかについて解説していきます。

トレンドにあった課題を見つける

最初に考える必要があるのは、トレンドはお店に取り入れて効果が出るかどうかです。

自店のターゲットにトレンドは受け入れられるのかどうか、また、これまでに作り上げてきた店舗イメージやブランディングを崩すことはないか、さらにトレンドを取り入れることで、既存客が離れてしまうことはないかまで、しっかりと考慮しましょう。

ゴールの設定

集客においてゴールの設定は、かなり重要ですので必ず行いましょう。

ゴールがなければ具体的な戦略が決まらないことが多いだけでなく、今回の戦略が上手くいったのかどうかの判断も曖昧になってしまいます。

また、ゴールはできるだけ具体的に設定するように心がけましょう。

単に売り上げが伸びればいいわけではなく、予約客を増やして売り上げを安定させることや、リピート客を増やすなど、より細かい目標を設定してください。

SNSの活用

せっかくトレンドを活かした戦略を立てたとしても、ユーザーに知ってもらわなければ意味がありません。

広告を出して認知させることもできますが、SNSに積極的に投稿することでもユーザーにアピールできます。

文字だけでなく、画像や動画も使って存在感を出していきましょう。

まとめ

トレンドを把握した集客戦略を考えることによって、顧客のニーズを満たすことができるようになるため、これまで以上の集客を見込むことができるようになります。

トレンドを知るためには、様々な情報に敏感になってください。

業界関係者との会話や各種メディアの情報に常にアンテナを張り巡らせておきましょう。