【飲食店集客】ネット広告の成功事例から効果アップの方法を探る

多様化する消費者のニーズに応えるためには、掲載する広告媒体を選び、自店のターゲットとなる消費者層へ効率よくアプローチすることが重要です。

そこで注目されるのがネット広告です。

スマートフォンの普及によって、いつでもどこでもインターネットが利用できる環境においては、ネット広告はぜひとも活用した広告媒体と言えるでしょう。

しかし、実際にネット広告を利用してみたが、思うような効果が出ないというケースもあります。

この記事では、ネット広告で成果が出ない時にどうすればいいのか、成功事例を元にした対処法をご紹介します。

ネット広告で効果が出ないと感じた時の対策方法


ネット広告で思うような成果が出ないと感じても、その原因が分からないと、改善方法も見つかりません。

そこで、ネット広告の効果が出ない原因と改善策を見つけるための対策方法を見ていきましょう。

効果を計る3つの数値

ネット広告を出稿した時に、確認したい数値が3つあります。

まずはこの3つの数値の意味をしっかり押さえておきましょう。

インプレッション数

最初に確認すべき数値が、インプレッション数です。

この数値を見ることで、広告が表示された回数を確認することができます。

表示回数が想定よりも少ない場合は、検索されているキーワードと関連性のある言葉選びができていないなどの原因が考えられます。

クリック数

クリック数は、その名の通りに広告がクリックされた回数です。

表示回数が多くてもクリック数が少なければ、効果的な広告だとは言えません。

インプレッション数に対して、どれくらいの割合でクリックされているかが重要です。

コンバージョン数

コンバーション数とは、広告を見て商品を購入したなど、実際に行動を起こした人の数を示します。

要するに、広告を掲載した目的を達成した人の数ということです。

クリック数に対してコンバージョン数の割合が多いほど、効果的な広告と言えます。

改善のための3つの見直しポイント

広告の分析をするための数値を確認したら、次は効果的な広告に改善しなければなりません。

全く別の広告を作り直すという方法もありますが、多少の変更を加えて数値の変化を見ることも検討しましょう。

広告内容

インプレッション数が伸び悩んでいるのであれば、広告内容を変更する必要があるでしょう。

ユーザーが検索しているキーワードを調べるなどして、どのような需要があるのかを考え直す必要があります。

ターゲティング

インプレッション数は十分にあるにも関わらず、クリック数が伸びないという場合はターゲティングをやり直してください。

仮にボリュームで勝負するお店だったとしても、年齢層や性別によって求めることは異なります。

万人受けする内容ではなく、ターゲットだけに絞り込んだ内容にすることも重要です。

PCDAサイクル

基本的に、一度の分析と改善で効果的な広告を作り出すことはできません。

何度も何度も繰り返してブラッシュアップしていくことによって、良い広告は出来上がっていきます。

Plan・Do・Check・Actionの4つを根気強く続けてください。

ネット広告でより効果を出すためには?


よい広告を作り上げることは、もちろん重要なことです。

しかし、それ以外にも効果的な集客を行うためのポイントがあります。

広告の改善には時間がかかりますので、PDCAサイクルを回しながら、その他の方法でも集客しましょう。

複数の広告ツールを活用する

確かにインターネットの利用者は増えているので、ネット広告で集客するという考え方が間違っているわけではありません。

しかし、ネットとは別に、日常生活の中ではまだまだチラシなどのアナログ広告に触れる機会も多いのが現状です。

おすすめの広告ツールをいくつか紹介しますので、ぜひ、今後の集客に活用してください。

印象に残る看板やポップの設置

歩いている時に印象的な看板を見て、入ってみたいと思ったことは誰にでもあるでしょう。

また、目を引くポップに興味を抱いて、もっと詳しく情報を調べてみようと考えることもあります。

しかし、店の前を通りかかった人にしか気づいてもらえないのであれば、十分に集客できているとは言えません。

そこで例えば、看板やポップの画像を、SNSなどを介してネット上に投稿してみましょう。

そうすることで、まだ自店の存在を知らない人にもアピールすることができます。

チラシ配布やポスティングをする

ネット広告は、主に検索キーワードに連動させることが基本となります。

そのため、ネット検索をあまりしない人にはネット広告が表示される機会は少なくなるため、ネット広告による集客は難しくなります。

その場合は、チラシなどのアナログ広告が効果的と言えるでしょう。

クーポンやポイントカードを発行する

広告を出稿すると同時に、来店したくなる仕掛けも取り入れるとより効果があります。

例えば、初回限定のクーポンを発行したり、ポイントカードを取り入れたりすると、新規客やリピーター客の獲得につながります。

まとめ

たくさんのネットユーザーがいるので、ネット広告を活用することは、これからの飲食店の集客に欠かすことはできません。

しかし、分析と改善を繰り返さなければ、効果的な広告を作り上げることはできません。

時間がかかる作業ですので、他のツールと並行して活用して集客することをおすすめします。