飲食店がネット広告を利用するメリット・デメリット②集客に活かすポイント

店舗周辺にチラシを配布したり、新聞の折り込みで配布してみたりしたものの、アナログ広告では思うような効果が出ないという場合、ネット広告を検討してみてはいかがでしょうか。

スマホの普及によって、飲食店もネット広告を利用する価値は高まっています。

ネット広告のメリットとデメリットをしっかりと理解して、今後の集客活動に役立ていきましょう。

インターネット広告を利用するメリット


まずは、ネット広告にどのようなメリットがあるのかを確認していきましょう。

特に、ネット広告を導入するか迷っている場合には、自店にとって導入する価値があるかの判断ができるでしょう。

費用対効果が高い

インターネット広告は新聞の折り込みチラシやポスティングなどと比較すると、費用対効果が高いという特徴があります。

一口にネット広告といっても、様々な種類の広告があるので、目的に応じて使い分けることによって、更に費用対効果を高めることができるでしょう。

広告費用が安い

雑誌や新聞、フリーペーパーなどに広告を掲載してもらうには、広告枠のサイズや掲載場所によって料金はことなるものの、最低でも数万円の費用が発生します。

しかし、ネット広告では予算に応じて広告費用を決定することができますし、ターゲット対象を絞り込むことで、低予算でも効果的な広告を出すことができます。

ターゲットに届けやすい

新聞の折り込みチラシなどは、ターゲット以外の不特定多数の人にまで届いてしまいますが、ネット広告は検索キーワードやユーザーの属性などを考慮して、ターゲットを絞り込んで配信することができます。

そのため、ネット広告は届けたい相手に向けた情報を配信することができますので、効果が出やすいといえるでしょう。

種類が豊富である

インターネット広告はバナー広告や動画広告など、様々な種類があります。

テキストだけでなく視覚的に強く訴えることができることも特徴といえるでしょう。

また、クリックされなければ費用が発生されない仕組みの広告や、商品が売れなければ費用が発生しないものなど、課金システムにも様々なものがあります。

広告の効果が可視化できる

ネット広告は効果の分析が簡単にできます。

アナログ広告の場合は、広告を見て来店したかどうかを判断するためには、アンケートの実施など別途施策が必要となりますが、ネット広告は、一定期間内に表示された回数やクリックされた回数など、様々なデータがグラフ化されるなどによって簡単に視覚化できます。

インターネット広告を利用するデメリット


これまで紹介してきた通り、インターネット広告にはたくさんのメリットがありますが、いくつかのデメリットも存在しています。

メリットばかりに注目してネット広告を利用してしまうと、後からデメリットに気づいて後悔することになる可能性があります。

デメリットにもしっかりと目を通しておきましょう。

定期的な更新が必要

情報があふれている現代では、流行が変化するのも早く、同じ広告を長期間使っていると効果が薄れてしまいます。

分析を行いながらその結果を反映し、常に最新の状態に保っておくことが重要です。

分析と更新には労力と時間がかかりますので、他の業務が忙しい人にとっては大変な作業になるでしょう。

マーケティングのノウハウが必要

すでに多くの企業がネット広告を利用していますので、マーケティングの知識を取り入れた広告を配信しなければ、他社よりも高い効果は望めません。

ターゲットを効果的に絞り込む方法や、どうやって広告の効果を分析するかなどの知識を習得する必要があります。

広告によって向き不向きがある

アナログ広告にも当てはまることですが、広告によって伝えたい内容によっては十分な効果を得られない可能性があります。

広告を出す目的をしっかりと把握して、適切な広告媒体を選べる判断力が必要です。

見てもらわなければ意味がない

ホームページを閲覧しているときに、様々な広告が表示されていることに気づいてはいても、全く関心を示さなかったという経験は誰にでもあるのではないでしょうか。

このように、広告が表示されているからといって、印象に残るとは限らないのです。

もちろん、目に留まるように広告を作るなどの工夫によって、ユーザーの印象に残る可能性は高くなりますが、見てもらう広告を考えることは簡単ではありません。

まとめ

ネット環境が整っている現代では、ネットに接続している時間が長くなっているため、飲食店もネット広告で集客する時代になったといえます。

ネット広告には、費用対効果が高いことや、分析が楽というメリットも存在しています。

しかし、更新作業に時間がかかることや、専門的な知識が必要など、担当者にかかる負担も大きいというデメリットもあります。