飲食店がInstagramの運用で集客効果を上げるための基本ポイント

Instagramのフォロワーを増やし上手に活用することで、飲食店の集客に結び付けることができます。

しかし、いくらフォロワーが増えたとしても、何の対策も行わずにただ投稿を続けているだけでは、集客に結び付けることはできません。

この記事では集客のためのInstagramの運用について、おさえるべき基本ポイントをご紹介します。

Instagramで効果的な集客を行いましょう。

ユーザーがInstagram店舗アカウントまでやってくる流れ


Instagramで集客ができるとは言っても、どのような流れでお店の認知度を高めていくのでしょうか。

仕組みを知らなければ、具体的な対策が見えてきません。

ユーザーに知ってもらうまでの基本的な流れを確認しておきましょう。

1.アカウントを見つける

ユーザーは検索でアカウントを探す、もしくは、おすすめの投稿などでアカウントを見つけます。

投稿内容によって、ユーザーが興味を持つかどうかの大きな分かれ目となりますので、投稿内容が重要です。

2.プロフィールを見てフォローする

アカウントを見つけたら、すぐにフォローをするわけではなく、多くの人はプロフィールを確認します。

どのような人なのか、信用できるアカウントなのかを確認し、その上で共感できそうなアカウントだと分かるとフォローするのです。

アクセス数とフォロワー数を増加させることが重要

お店の情報を多くの人に伝えるためには、フォロワーの数が重要です。

また、アクセス数の多さは、お店に関心も持ってくれた人の数ですので、アクセス数とフォロワー数を見れば効果的な集客ができているか判断することができます。

アクセス&フォロワー増加のためのInstagram運用ポイント


次に考えなければいけないことが、「どうやってアクセスとフォロワーを増やすのか」です。

これから紹介するポイントをしっかりとおさえて、今後の投稿に活かしてください。

アクセス増加のための対策

まずは、アクセス数を増やすための対策から紹介していきます。

そもそも、アカウントを見つけてもらえなければ、どれだけ良い投稿を行ったとしてもフォローされることはありません。

お店の投稿を見てもらうことを意識しましょう。

ハッシュタグを活用する

ハッシュタグを特定のキーワードの頭につけることによって、お店のターゲットに向けて情報を発信することができます。

例えば、「#ラーメン」と投稿するときに入力しておけば、ユーザーが「#ラーメン」で検索するとお店の投稿が検索にヒットするのです。

ターゲットとする見込み客が、どのようなキーワードで検索するのかを考えて投稿しましょう。

ターゲットの投稿に「いいね!」でアピール

お店のターゲットだと考えられるユーザーの投稿に対して、積極的に「いいね!」することも効果的です。

「いいね!」されたことを通知で知ったときに、どんなアカウントから「いいね!」されたのか確認する人が多いので、お店のアカウントの存在をアピールすることができます。

インフルエンサーへアプローチ

Instagramのアカウントを作ったばかりの段階では、投稿数もあまり多くはないこともあって、なかなかアクセスが集まりません。

そこで、すでに多くのフォロワーがいる人や、インフルエンサーなどに集客を手伝ってもらうことも効果的です。

商業的なイメージが強い広告よりも、インフルエンサーによる紹介の方がユーザーに受け入れてもらいやすいという特徴もあります。

フォロワー増加のための対策

アクセス数がどれだけ増えたとしても、フォローしてもらえなければ十分な集客効果は得られません。

フォロワーには好きなタイミングで情報を発信できるようになるので、フォロワーの獲得がお店に足を運んでもらうきっかけ作りのカギとなります。

プロフィールを充実させる

プロフィール欄が充実していないアカウントを見かけますが、ユーザーが知りたい情報が記載されていなければフォローしないユーザーが多くなります。

公開している情報が少ないということは、信頼して良いアカウントか分からないということでもあるので、しっかりとプロフィール欄を記入しましょう。

また、メンションを活用することで、まだフォローしていないユーザーにフォローを促すことができます。

積極的にメンションを利用することもおすすめです。

インスタの機能の活用

Instagramには通常の投稿以外にも、ストーリーズやハイライト機能などがあります。

ストーリーズは24時間で消えてしまいますが、画面上部に表示されるので気づいてもらいやすい特徴があります。

また、ハイライト機能を使えば、ストーリーズを24時間経っても消えずに保管しておくことも可能です。

その他に自動送信機能を使って、ユーザーに見てもらいやすい時間に投稿するなど、機能をフル活用しましょう。

位置情報の設定

プロアカウントにすることで、お店の位置情報を表示できるようになります。

正確な位置情報を登録しておけば、わざわざユーザーがお店の場所を調べる手間を省くことができるので、必ず設定しておきましょう。

分析をしっかりと行う

過去の投稿で、どのようなものに反響があったのか、逆に反応がなかったものはどんな投稿だったのかなど、しっかりと分析を行いましょう。

そして、今後の投稿に活かしていくことが重要です。

投稿写真にこだわる

Instagramと言えば、インスタ映えだと思っている人も多いでしょう。

しかし、最近では見栄えを重視した写真ではなく、多くのユーザーに共感してもらえる投稿が主流になっています。

また、投稿する写真は、撮影するアングルをできるだけ同じにするなど、統一感のある写真にする方が好感を持たれます。

まとめ

飲食店がInstagramを使って効果的に集客するためには、アクセス数とフォロワー数をできるだけ増やすことが重要です。

アクセス数を増やすためには、ハッシュタグやインフルエンサーの活用がおすすめです。

また、フォロワー数を増やすためには、Instagramの機能をフル活用した上で、投稿内容の分析を行っていきましょう。