飲食店集客につなげるInstagram導入のための基礎知識

ランチや打ち上げ場所を探すとき、グルメサイトで飲食店を検索するよりも、Instagramを利用するユーザーが多くなっています。

テキストでメニューを提示されるより、画像や動画で調理された料理を提示してもらう方が、ユーザーも理解しやすく、判断もスピーディになります。

そのため、Instagramは画像や動画がメインで投稿できることから、飲食店にとって最適なSNSだと言われています。

そこで今回は、集客を目的としてInstagramを導入するときのポイントについて解説していきます。

Instagramが飲食店集客に最適な理由


Instagramが飲食店の集客に向いている理由は、画像や動画を用いることで、ユーザーに視覚的にアピールできることです。

例えばお腹がすいているときに、どのお店にするか説明文を読んで決めるより、「本日のランチ」のように提供される料理を画像で紹介し、多少のテキストで補足する方が、ユーザーの興味を惹きますし、なによりダイレクトに伝えることができます。

また、同じ料理でも、飲食店によって材料や調理法、盛り付け方が異なります。

文字だけの投稿ではその違いが分かりませんが、画像であれは一目瞭然で、複数の飲食店の中からユーザーは好みのものを選ぶことができます。

そして、好みの料理を見つけるために活用されるのが、ハッシュタグ(#)検索です。

Instagramを含めたSNSで活用されているハッシュタグは、特定のキーワードに#を付けることによって、そのワードに関連する情報に絞り込んだ検索ができます。

特定のワードに関心があるターゲットに直接的にアプローチができるわけです。

飲食店にとって、最大のアピールは提供する料理です。

Instagramを使えば、来店せずに自慢の料理を見てもらうことができるわけですから、活用しない手はないでしょう。

Instagramアカウントの種類


Instagramには2種類のアカウントがあり、それぞれのアカウントで、できることとできないことがあります。

飲食店がアカウントを開設する場合、どちらのアカウントが良いか、まずはアカウントの違いを確認していきましょう。

個人アカウントとプロアカウントの2種類

Instagramには個人アカウントとプロアカウントがあります。

以前はビジネスアカウントと呼ばれていたものが、現在は名称を変更してプロアカウントとなりました。

プロアカウントは、さらに2種類に分かれていて、著名人やインフルエンサーなど個人で活動している場合にはクリエイター、飲食店のような店舗や組織などはビジネスとして登録します。

個人アカウントとプロアカウントの違い

個人アカウントとプロアカウントの最大の違いは、非公開の設定ができるかできないかで、プロアカウントは、非公開にすることができません。

そのため、いきなりプロアカウントで始めてしまうと、準備が整っていない状態のアカウントが一般公開されてしまいます。

最初は個人アカウントで準備を進めて、公開ができる状態になってからプロアカウントに変更するとスムーズに運用が始められるでしょう。

プロアカウントでできること


非公開にできないことの他に、プロアカウントには飲食店の集客効果を高める機能が備わっています。

では次に、プロアカウントについてより具体的に見ていきましょう。

クリエイターとビジネスの違い

クリエイターとビジネスには、抑えておくべき違いが4つあります。

まず、1つめは、ビジネスは必ず表示されますが、クリエイターの場合はカテゴリラベルと連絡先を表示するかどうかを選べるということです。

2つめは、選べるカテゴリが違うということです。
クリエイターには41種類ものカテゴリがありますが、ビジネスは7種類しかありません。

3つ目は、クリエイターにはDMの受信箱がメインと一般の2つに分かれていますが、ビジネスの場合には1つだけということです。

そして4つ目として、インサイトで表示される情報がクリエイターとビジネスでは若干異なります。

以上のように違いはありますが、飲食店のアカウントをクリエイターにするメリットは特に見当たりません。

ビジネスでプロアカウントを作成しましょう。

ビジネスプロフィールに連絡先の掲載が可能

ビジネスとクリエイターの違いでも触れましたが、個人アカウントと違って、連絡先や店舗の位置情報などを掲載することができるようになります。

集客のためには必須となる情報ですので、集客を目的としているなら必ずプロアカウントでInstagramを運用しましょう。

Instagramインサイトの利用

プロアカウントでは、インサイトという分析ツールを使用することができます。

集客が上手くいっているかを確認するだけでなく、どのような投稿に反響があったのかなどを調べるために分析は必要です。

むやみに投稿するだけでなく、過去の投稿を次の投稿に活かしていきましょう。

広告の出稿

Instagram広告は、ターゲットを縛り込んで広告を打つことができます。

ターゲットを絞り込むことで費用を抑えることができるので、最低限の費用で効率よくフォロワーを増やすことができるでしょう。

しかし、あまり狭めすぎてしまうと、全く効果を感じられない可能性もあるので注意してください。

アクションボタンの設置

グルメサイトのぐるなびと連携することによって、予約機能を使うことができるようになります。

電話を嫌う人もいますので、ネットから簡単に予約ができると予約が取りやすくなるでしょう。

予約が多いほど売り上げは安定しやすいので、是非、活用して欲しい機能です。

「料理を注文機能」が利用可能

コロナ禍ということもあり、デリバリーやテイクアウトなどの需要が伸びています。

Instagramの写真を見て、食べたくなったらすぐに注文できるというサービスが「料理を注文」という機能です。

Instagramがメニューの代わりにもなってくれます。

まとめ

Instagramは、写真と動画を投稿することによって、料理やお店のイメージを視覚的に伝えることができる便利な集客ツールです。

プロアカウントなら、広告や分析を行うこともできます。

また、予約機能なども備わっているので、飲食店の集客に最適と言えるSNSです。

積極的に運用して集客に役立てることをおすすめします。